あずきのばあばの、のんびり日記 aitata520.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

還暦をすぎて突然始めたPC生活。半年でブログ開設の暴挙です。どうなることやら・・・


by あずきのばあば
プロフィールを見る

ダメ母のつぶやき



注:今日は長いです!


連日、ご心配をおかけしています
みなさんの経験談やアドバイスが本当にありがたいです

先代猫たちの死を経験してるので、それなりに覚悟ができてると思っていたけど、いざ直面するとやっぱりうろたえるものですね
ちょうどはっぴぃが悪くなった頃、ハナが足を引きずるようになったんです
幸い今は普通の年寄り犬程度の歩き方に戻ったのですけど・・・
そんな時は考え方が悪い方悪い方に傾きますね
タロは耳が遠くなって、たまに夜泣きや無駄吠えをするようになったし、おまけに赤パンツが散歩の途中に滑って転んで足を挫いてしまうし!(笑)
年寄りだらけの家では仕方ないことだけど、こう続くとなんだか気分が落ち込んでしまいました
でも、皆さんの温かい言葉で、魔法にかけられたように元気になれるものなんですね!
毎日忙しい仕事の合間に介護をしてる方のことを思うと、いつもそばに居られる今の私は幸せです
熱がある子供を一人置いて仕事に行かなければならなかった頃を思い出すと不平なんか言ったらバチが当たりそうです


今日の日記で少し頭の中を整理したいと思います
落書きみたいなものですけど、よろしかったらお付き合いください


先月の初めくらいから、抱け!撫でろ!と甘え方が激しくなりました
抱けばおとなしくなるので、ただの甘えだと思ってたけど、必死で何かを訴えてたのでしょうか?
ようやく はっぴぃの異変に気づいたのは12月3日土曜日の夕方でした
私が外出先から戻った時、いつもは出迎えてくれるのに、二階から降りてきません
ご飯の催促もないし、トイレを見てもウンチもしてないし。
表情も、ぼーっとして目に力がありませんでした
ソファーに座って膝に抱くと、すぐに膝から降りて何処かに行こうとします
それでも「まぁ、そんな日も有るさ」くらいに思って呑気な私は寝てしまいました
翌日もほとんどカリカリを食べません
でも水はまだ、そこそこ飲んでいました
月曜日に病院が開くのを待って、検査をした結果があの衝撃的な数字です!

その時、先生が「この子は10歳よりもっと上だろう」とおっしゃいました(笑)
思えば、うちの子になった時にいろいろ検査してもらった折「これくらいかな?」と私が適当に年齢を決めてたんです(笑)
それ以来、病院には去年具合が悪かった時に一度連れて行っただけなので、自己申告の年齢のまま修正されてなかったのですね。
とことん間抜けな飼い主です!
ごめんよ、はっぴぃ!

去年の夏頃に、一度食欲がなくなった時がありました
その時にはすでに悪化が始まってたのでしょうね
でも、間も無くして食欲も戻り、体重の変化もないので安心してしまったのが悪かったのですね
その時点で検査をお願いしてたらよかったけど、体を痒がるからてっきりまめと同じようにアレルギーだと思ってました
トンチンカンな飼い主の元に来たばかりに、不幸なことです!

そんなこんなで遅すぎるけど、なんとか少しでも元気を取り戻して欲しくて、毎日点滴に通っていました
でも毎日通うのは、はっぴぃもしんどそうだし経済的にもしんどいです。
通院可能な近所の病院は どこも自宅での輸液をさせてもらえる所が無いので思案してたら一軒見つかりました
早速、点滴の帰りに病院のハシゴをしました(笑)


b0300759_23042595.jpg


こうして5日分のリンゲル液と注射器を手に入れました
これでなんとか破産は免れました!(笑)


b0300759_23043485.jpg


いつも色々親切に教えてくださるクニさんのブログで点滴の仕方を教えてくださいました
クニさんは一週間分500ccを2〜3回に分けて皮下点滴するやり方です
自宅でされてる方は、このやり方が普通のようですね


私が処方されたのは1日2回、50ccずつを注射器で十秒くらいかけて射つやり方です
難しそうですけど、ようやく見つけた「破産しない方法」なのでやるっきゃないです(笑)

今から、ドキドキの1回目です!
自分の腕に針を刺されるのさえ見たことがない私がうまくできるでしょうか?!
みんながやってることだもの!
頑張らねば!!



とりとめない話に最後までお付き合いくださって、ありがとうございます♪
頭の中の整理のつもりが、あれもこれもと、余計にとっちらかってしまいましたね(笑)







Commented by Lynn6 at 2016-12-13 09:35
人間で言う透析に当たるわけですね。医療器具の精度は日本製は優れていると聞きます。azukiさん、頑張ってくださいね。はっぴぃちゃんも頑張って!
Commented by kazutanumi at 2016-12-13 11:40
あずきのばあばさんfight!
みんながついてるから大丈夫、頑張れるよ。
後から思うといろいろ『、、、たら、、、れば』だろうけど、過ぎたことは忘れてはっぴぃちゃんのためにも、前を見ましょ。

それに慢性腎不全は諦めずに、完治は望めないけど、改善、現状維持は出来るみたいです。
Commented by m-k7538itami at 2016-12-13 12:02
あずきばあばさん、猫の腎不全は余程でなくては飼い主は気づかないようです
私は2年前のクロ姉さんの時の失敗を教訓にチビには病院を変えてました
はっぴぃちゃん、一日2回の50㏄、当然自宅での皮下点滴になりますよね
弱って細くなった猫さんに沢山の輸液を点滴して骨が折れた話を聞いた事があります
良い先生が見つかって良かったですね、
何時か別れがあると分っていても少しでも我が子には楽な生活と少しでも一緒に居たい・・・それだけです

あっご紹介ありがとうございます
我が家の例なので皆さんにお役に立てるかどうか分かりませが・・・・
Commented by hachi-jya8 at 2016-12-13 12:06
久々にブログにお邪魔してびっくりしました。
はっぴいちゃんが大変なことになっていたんですね。
何事もないようにブログ更新続けるなんて私にはとても無理です。

腎臓の病気は猫の宿命 . . . そうなのでしょうね。
私も今まで何匹か犬や猫を見送りましたが
実家の家族、或は相方が傍にいて、治療の大変さも
弱っていく犬猫を見守る辛さも、別れの悲しみも
誰かと分かち合うことができていたのですが
うちの子にもいつかその日がやってくると思うと
今度は一人で全てを決定して病気と向き合わなければならないと思うと . . .
今から怖いです。

でもブロ友さん達の励ましやアドバイス、本当に有り難いですね。
皆さんの気持ちからパワーをもらってばあばさんも元気で頑張れますよう
はっぴいちゃんが少しでも穏やかで幸せな日々を過ごせますよう祈っています。
Commented by pinochiko at 2016-12-13 12:52
注射タイプの輸液ですね。大丈夫、はっぴぃちゃんの為だと思って、
思い切ってやってください。
私、フクちゃんが寝ている隙に刺したりしましたよ(笑)
寝込みを襲われて迷惑だったかな?でもそのほうが、ぼーっとしてて
あんまり嫌がらなかったのですよ。
赤パンツさん、足は挫いても輸液のヘルプはできるでしょう?
夫婦協力して乗り切ってくださいね!
Commented at 2016-12-13 13:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by m-k7538itami at 2016-12-13 16:12
追伸です

はっぴぃちゃんは注射型なのですね?やり方も色々とあるんですね

赤パンツさんに、はっぴぃちゃんが動かないように何処か押さえて貰ったらいいですね

点滴の時は猫さんをキャリーや段ボールに入れて行なったり
フリースに猫さんを入れてフリースの首の処を洗濯ばさみで止めて、体の部分はファスナーでしめ、針を刺す部分だけを少し開けて行うのが良いようです
今日はもう行ってるかも知れませんが
猫さんはいざという時、凄い力を出しますから気を付けてください

お家にニャンコやワンコが沢山居るお宅は何時か来る日のために
飼い主が点滴方法を憶えることは病気の仔にも経済的にも大切だと思います

はっぴぃちゃん、ばあばさん頑張って!
Commented by juni38 at 2016-12-13 20:08
どうですか、輸液うまくできましたか?
ばぁばさん、大変でしょうけど がんばって・・・

そういえば、赤パンさんの足は大丈夫ですか?
Commented by tokidokitasu at 2016-12-13 21:40
ばあばさん、詳しく書いてくださってありがとうございます。
とても参考になります。
うちもいつか通る道かもしれません・・・
自宅での輸液、多くの方がなさってるんですね。
みんなの知恵を結集ですね!!
はっぴぃちゃん、ばあばさん、応援してます!!

Commented by tarohanaazuki at 2016-12-13 22:19
★ Lynn6さん、こんばんは♪
なるほど!透析をしてると思えばいいのですね。
最近は小さな子供用に痛くない注射針とかもあるみたいですけど、犬や猫にはまだ適用されてないようですね。

ありがとうございます
精一杯頑張ります!
Commented by tarohanaazuki at 2016-12-13 22:22
★ kazutanumiさん、こんばんは♪
そうですね、今更後悔しても何の助けにもなりませんものね。
前を見て進むしかありません。

改善するにはちょっと数値が悪すぎる気もしますけど、諦めずに頑張ります!
Commented by tarohanaazuki at 2016-12-13 22:32
★ クニさん、こんばんは♪
ありがとうございます
たくさん経験したクニさんの言葉は本当に助かります
今日は何とか点滴をうまくやれました
心臓が口から飛び出しそうでした(笑)
そうですね、いつかは必ずやって来る別れだから、今できることをやってあげたいですね。

丁寧な解説をありがとうございます
皆さんとっても参考になると思いますよ
Commented by tarohanaazuki at 2016-12-13 22:38
★ hachi-jya8さん、こんばんは♪
何とか普通通りにブログを続けてると、少しでも気がまぎれるのです。
hachiさんは優しいから絶対無理でしょうね(笑)

お一人で最期を看取るのは相当きついですよね。
精神的にも肉体的にも!
優しさと強さを併せ持つhachiさんなら大丈夫ですよ!

本当にブログを通じて助けられたり励まされたり、こんなにありがたいことはありません。
皆さんの応援を無にしないためにも私が頑張らなければですね。
Commented by tarohanaazuki at 2016-12-13 22:47
★ pinochikoさん、こんばんは♪
今日は私史上最高に怖かったよ!(笑)
でも2度とも、うまくいってよかった〜!
はっぴぃはあんまり動かなかったので、やりやすかったのかも。
どちらかと言うと強制給餌の方が手こずってるよ。
ふふふ、寝込みを襲われたフクちゃんのキョトンとした顔、想像できるよ(笑)

赤パンツまでなんて面倒見きれないよねえ(笑)
結構痛そうなんだけど。
点滴をしてる私の周りをウロウロしてるだけで役に立たないけど、せいぜいこき使ってやらなきゃね(笑)
Commented by tarohanaazuki at 2016-12-13 22:55
★ 鍵コメ13:04さん、こんばんは♪
鍵コメさんはすっかり輸液のベテランさんだものね。
うん、今日は我ながらよくやったよ!(笑)
どうか明日もうまくやれますように!
私もそちらの先生みたいな人に見てもらいたいな(笑)
50ccは確かにあっという間だけど、1日に2回も針を刺していいのだろうか!
不安になってきたよ(苦笑)

ありがとう!面倒かけたね!
無駄にならなきゃいいけどな。
申し出の件、今の所は大丈夫そうだけど、困るようならお願いするかもです。
色々気を使ってくれてありがとう!
Commented by tarohanaazuki at 2016-12-13 23:03
★ クニさん♪
そうなんですよ!
注射タイプなんです。
1日に二回も針を刺すんですよー!(怖)
それが体力がなくなってるせいか、あまり動かないのでやりやすいのですよ。
意外でした!
猫の保定袋の作り方を書いてくれてるブロ友さんがいるので、あまり困るようならそれを作ってみます。
教えてくださってありがとうございます。
Commented by tarohanaazuki at 2016-12-13 23:06
★ juniさん、こんばんは♪
うん、今日はうまくいった!
ビギナーズラックかな?(笑)
早く慣れなきゃね。

赤パンツでしょ〜!(笑)
足を引きずりながらだけど歩けるので大丈夫。
ただ、ハナ・タロの散歩が無理だから、朝も夜も私が行ってるよ
赤パンツの面倒まで見られないよねえ(笑)
Commented by tarohanaazuki at 2016-12-13 23:10
★ tokidokitasuさん、こんばんは♪
いやいや!私はただブツブツ、呟いただけなので役に立つことなんか!
他の皆さんは本当によくやってますよねえ!
猫生はそれぞれでも、別れは等しくやってきますからね。
心構えだけはやっぱり必要ですよね。

ありがとうございます!
応援、心強いです!
Commented by れんと at 2016-12-14 06:00 x
後になると「あの時、」って思ってしまいますが、どうぞ、余り自分を責めないで下さい。ばあばさんは、十分愛情を込められていたと思います。これから介護が大変になるかと思いますが、どうぞ、ばあばさんまで身体を壊されたりならさないように、ご自愛下さい。

あと、赤パンさんは挫いただけで良かったです。僕は、昔、北海道で転んで足首を折ったことがあります。意外にポキっと折れました^^
Commented by tarohanaazuki at 2016-12-14 08:36
★ れんとさん、こんにちは♪
ありがとうございます
どんなに手を尽くされた方でも「もし、あの時・・」と思わない方はいないでしょうからね。
私みたいにぼんやりなら尚更です。

ふふふ、赤パンツも初めは折れたのじゃないかと思ったそうです。
骨って、案外簡単に折れちゃいますよね!
特に女性は骨粗しょう症になりやすいそうなので、私も気をつけなければ!
Commented at 2016-12-14 21:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-12-14 22:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukimama0202 at 2016-12-14 22:50

コメ閉じてるのに、こじ開ける私はガサツです

良く、病気で亡くなるのではなく、
寿命で亡くなるって言います

辛いですね
ばあばさんらしくのやり方で良いんです
生きもの飼う覚悟、誰もが通る道ですから
自然に寄り添って下さいね

Commented by tarohanaazuki at 2016-12-15 10:10
★ 鍵コメ 12/14 21:26さん、こんにちは♪
ふふふ、いつまでも家族に振り回されるよねえ(笑)

多分今の私の気持ちは 鍵コメさんが先代猫ちゃんを看取った時と同じだと思う。
そう!「もういいからそっとしといて」って言われてるようで・・・

ありがとう!
元気出さなくちゃね。
Commented by tarohanaazuki at 2016-12-15 10:15
★ 鍵コメ 12/14 22:45さん、こんにちは♪
そうなんですよねえ!
ギリギリになるまで教えてくれないですよねえ。
それでも普段からよく注意してる飼い主さんは、ちょっとした変化も見逃さないのでしょうけど。
そうそう!フラフラしながらちゃんとトイレに行こうとするのが本当に切ないです!

飼い主さんの考え方も色々あるから、何が正解ということがないので悩んでしまいますね
鍵コメさんの体験談、とっても元気をもらえました!
ありがとうございます。
Commented by tarohanaazuki at 2016-12-15 10:19
★ yukimama0202さん、こんにちは♪
ふふふ♪こじ開けてくださってありがとうございます(笑)
なんとコメントしたらいいか、皆さんが困るだろうと思って、閉じたんですよ。

今度のはっぴぃのことで、改めて自分自身の最後の迎え方を考えてしまいました。
ありがとうございます!
寄り添ってあげるくらいしかやってあげることが出来ませんよね。
Commented by fariotyan at 2016-12-16 14:06
コメ閉じているのにごめんなさい。
姐さん自分の事は責めないでね
私ももしあの時にもっと早くとか・・
一生懸命やったけどあれで良かったのか?
足りなかったのか?
なんて思ったりしてしまいますが
そんな時に皆さんに励ましていただきとても元気づけられました。
はっぴぃちゃんは今、一番いい居場所見つけたのかな~
あたたかくしてもらって嬉しいと思います。

悲しいことに人より数倍もの速さで年取っちゃうんですよね
高齢猫=腎不全
腎不全とのおつきあいは私も長かった・・
ご飯を食べてくれることが一番だけど
シリンジ強制給仕は高齢ちゃんにとっては苛酷かもしれません・
私の場合は強制給仕と言ってもシリンジはやめて
好きなフードを大豆粒くらいに丸めてお薬飲ませるように
口の中に入れて食べてもらってました。(時間かかるけど)
吐いたりしなければ間隔おいてまた、同じこと繰り返ししたりして
そんなことしていたら自分の口から食べてくれるようになったり
それはとてもうれしい事でした。(ご参考までに)

桃子は特にこの方法がうまくいき
自分からご飯の催促もしてくれてました。

おっしゃる通り何が正解という事はわかりませんね
はっぴぃちゃんと長年暮らしている
姉さんがいいと思ったことが一番なんだと思います!
穏やかに過ごせますように^^願ってます♡♡

Commented by tarohanaazuki at 2016-12-16 18:55
★ ちゃおみままさん、こんばんは♪
ご心配をかけています。

ありがとうございます!
ちゃおみままさんは、普段からこれ以上ないほど気をつけてらっしゃるから、本当に頭が下がります。
そんな方でもやっぱり「もっとやれることがあったのでは?」と思うものなんですね。
そうそう!みなさんに声をかけて励ましていただくことがこれほどの力を持ってるとは!
本当にありがたいことです。

そうですね。
はっぴぃも私の指で丸めながらあげると食べていました。
桃子ちゃんは、そこから快復したんですねえ!
はっぴぃにもそんな奇跡が起こらないかなぁ・・・

あれこれ迷いながらやっていますけど、正解が何なのかわかりませんね。
ちゃおみままさんも、ついこの前、悲しい思いをしたばかりなのに、心配してくださってありがとうございます。
早く明るい報告ができるといいな♪


名前
URL
削除用パスワード
by tarohanaazuki | 2016-12-13 09:09 | シニア | Comments(28)